読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】

毎朝3:00からを独学の時間にしています。テーマを決めて本を30冊読んで勉強し、その勉強メモをこのブログに記録しています。自己紹介はサイドバーにあります♪ 2017/3/1から「ミニマリストの本30冊から実践できるコツを書き出し、毎日少しずつ真似してみる!」企画を始めました。 毎日、ミニマリストになるためのコツを、ひとつ実践するのが目標です!

自分流「問題解決の成功パターン」をノートにまとめて、同じ失敗を繰り返さない。

時間/手帳/習慣/朝活についての勉強メモ

以前、『習慣チェックシート』を作ることについて記事を書きました。
【習慣リストに○×チェック⇒ポイント化し集計⇒到達具合を棒グラフに】「時間/手帳/朝活」について本気で勉強する【6】 - 僭越ながら
充実した人生を送るためには「量より質」という考え方が必要。今、確実にできることだけ、やろう! - 僭越ながら


私は、今年から身につけたい習慣を2つ決めました。
そして、手帳に『習慣チェックシート』用のページを設けました。


今日は手帳に『自分流問題解決の成功パターンリスト』用のページを作る、という話です。


[スポンサーリンク]



「かぞくのじかん2012年春号」に、「サッとかんたんに。でも"本物"をめざしながら」という金子由紀子さんの記事があります。


(前略)
なぜか掃除機かけは苦手だったという金子さん。
あるとき思い立ち、その問題点をあげてみたところ、プラグの抜き差しや、掃除機の出し入れがわずらわしいなど、ささいなことが重なり、苦手意識につながっていたのだと気づきました。
以来、うまくまわらない部分が出てくると、一歩ひいて部屋や作業全体を見まわし、クロッキーノートなどに現状の課題を書き出します。
すると家事のスムーズな流れや、手早さのヒントが見えてくるそうです。


かぞくのじかん 2012年 03月号 [雑誌]

かぞくのじかん 2012年 03月号 [雑誌]

そのクロッキーノートの写真が本に掲載されていました。

f:id:sclo-a:20140104211841j:plain

自分流"問題解決の成功パターン"を持つ

家事がうまくまわらなかったり、新たな課題にとり組むときに使う「クロッキーノート」。
「大きめで図も描けるのがいいんです」と金子さん。
献立や仕事の企画立てにも。
問題の早期解決で、家事を滞らせないように。


かぞくのじかん 2012年 03月号 [雑誌]
(本には、金子さんの成功パターンがたくさん掲載されています。)

クロッキーノートの写真をじーっと見てみると、部屋の見取り図のあちこちに番号が振ってあります。
そこが「モノの散らかる場所」のようです。

例えば、
棚には①という番号が振られていて「本、雑誌が山積み!」という添え書きが。
隣のページには「①本を減らす(選別して売る/捨てる」」と書かれています。

テーブルには⑤という番号と「書類がたまる!!」という添え書き。
隣ページには「⑤書類をファイルする習慣をつける」とあります。

同じテーブルに⑥という番号もあり、「財布、携帯、薬、名札、化粧品…細かい物が散らばる!!」という添え書き。
隣ページには「⑥細かい物を入れるカゴを用意する」と。

椅子には10という番号と「服やバッグをかけてしまう」という添え書き。
隣ページには「10 服とバッグをすぐしまう習慣をつける」と書かれています。


このように、

  • うまくいかない現状について、図解しながら問題点を書き出す
  • それに対して、自分なりの解決法を書く

こういったノートを持っておくことは、スムーズな毎日を送るためにも便利ですし、心の安定にも繋がると思いました。


また、金子さんはクロッキーノートに書いていましたが、私は手帳のフリーページに書くことにしました。


いつも持ち歩く手帳に書いた方が、ちょくちょく見返すことができて便利だと思ったからです。

よく同じ失敗を繰り返してしまう

何度もしている失敗なので、その失敗の原因はわかってるんです。
その失敗をしないための解決法もわかってるんです。


なのに、失敗を繰り返してしまうのは、その問題を見て見ぬ振りをしていたり、その問題に対してちゃんと向き合っていないからなのだ、と気がつきました。

成功パターン集は、失敗を繰り返さないためのガードレールとなる

上で紹介した金子さんのように、自分の現状の課題に対して、しっかり解決策を練って、ノートに書き留める。
そんなことを私は今までしたことがありませんでした。

「またやっちゃった。」
「◯◯しておけば、そういう失敗しないのに」
って、頭の中でぼんやりと考えることはあるのですが。


自分流"問題解決の成功パターン"、私の頭の中にはあるんですよね。
でも、それを書き出した事はない。


書き出してちょくちょく見返したりすれば、失敗を繰り返すことが減るんじゃないか。


何か新しいことに挑戦する時にも、この自分流"問題解決の成功パターンリスト"は役立つのではないか。

自分流成功パターン集は、どんな自己啓発本よりも役立つものになる

いつか、自分流"問題解決の成功パターンリスト"項目を増やしたい、という気持ちにもなるはず。


成功パターンリストを増やすために、新しいことに挑戦する。
成功パターンリストを増やすために、失敗してもそのままにせず、解決方法を考える。


そうやって、いつの間にか自分だけの成功パターン集ができていく。


それってすごく楽しいと思いませんか!

どんな自己啓発本よりも、この「自分流"問題解決の成功パターン集"」の方が、後々の自分の人生に役立つはずです。


私が作った成功パターン集の内容については、明日の記事で紹介します。



「毎日ブログを更新する」という習慣継続中(*^^*)


[スポンサーリンク]