読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】

毎朝3:00からを独学の時間にしています。テーマを決めて本を30冊読んで勉強し、その勉強メモをこのブログに記録しています。自己紹介はサイドバーにあります♪ 2017/3/1から「ミニマリストの本30冊から実践できるコツを書き出し、毎日少しずつ真似してみる!」企画を始めました。 毎日、ミニマリストになるためのコツを、ひとつ実践するのが目標です!

間違えた箇所は1冊のノートにまとめよう!注意ポイントは3つ。

【勉強法】の本を30冊読むマラソン、7冊目である『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』の続きです。今日は5つ記事を投稿する予定で、これは2つ目。


★このブログは毎日更新中。平日は朝8時と夜7時、休日は特に時間を決めずに投稿しています。
★平日は、雑誌で見つけた【勉強法】についての情報をメモ。休日は、【勉強法】の本を30冊読むマラソンのまとめ記事を投稿しています。
★お知らせ:子育ての本を読む専門のブログを始めました。毎日更新中。子育ての本をたくさん読む!ブログ

今日からすぐできること

間違えた箇所は1冊のノートにまとめる。注意するポイントは、以下3つ。

【1】充分に余白を取ること

もともと間違えた箇所なので、あとから補足説明や気づいたことを書き加えたくなる。余白のないノートだとそのコメントが書けない。

【2】汚い字でもいいから大きな字で書くこと

大きな字だと読めるが、小さな字だと自分でも読めない場合がある。余白は充分に取って大きな字でコメントを書こう。

【3】テキスト等の何ページ目から写したかという出典情報を記入する

間違いノートの良さは、テキスト、問題集、過去問、模擬試験等さまざまな教材の中から、分からない箇所をその1冊にまとめているという点である。間違いノートを何度も繰り返しいていると、前後の問題は何だったのか等、気になることが出てくる。その時に、出典情報がないと戻ることができない。ページを記入しておくことによって、スムーズに知りたい箇所に戻れる。それさえ守れば、あとは自分が最低限読める字で殴り書きしていく。スピード重視で。


以下、詳細。


スポンサーリンク



間違えた箇所は1冊のノートにまとめます!
 間違いノートの作り方で注意するのは3つだけです。
 1つ目は、充分に余白を取ること。もともと間違えた箇所なので、あとから補足説明や気づいたことを書き加えたくなります。余白のないノートだとそのコメントが書けません。
 2つ目は、汚い字でもいいので大きな字で書くこと。大きな字だと読めますが、小さな字だと自分の字でも読めない場合があるからです。
 余白は充分に取って大きな字でコメントを書きましょう。
 3つ目は、テキストなどの何ページ目から写したかという出典情報を記入することです。面倒がって記入しない人がいますが、絶対に記入して下さい。
 間違いノートの良さは、テキスト、問題集、過去問、模擬試験などさまざまな教材の中から、分からない箇所をその一冊にまとめているという点です。
 間違いノートを何度も繰り返し見ていると、前後の問題は何だったのかなど、気になることが出てきます。そのときに出典情報がないと戻ることができません。ページを記入しておくことによって、スムーズに知りたい箇所に戻れるのです。
 それさえ守れば、あとは自分が最低限読める字で殴り書きしていきます。スピード重視です。

30代で人生を逆転させる1日30分勉強法より引用


これまで【勉強法】の本を6冊読んだけれど、問題を間違えたときにどうするかについては初めてですね〜!勉強に間違いはつきものなのにね。


「間違えた箇所は1冊のノートにまとめる」。なるほど〜。テキスト、問題集、過去問、模擬試験...全ての教材のなかから、分からない箇所を1冊のノートにまとめる。


こうしておけば、試験本番にそのノート1冊だけ持っていけばいいですね。これいいかも。


次の記事もこの本のまとめで、「期限を決めてガムシャラに勉強する」という話です。今日中に投稿します。


クリックしていただけると、更新の励みになります!↓
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へにほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

【勉強法】の本を30冊読むマラソン、7冊目

30代で人生を逆転させる1日30分勉強法

30代で人生を逆転させる1日30分勉強法

あっ!著者の紹介するの忘れてた!します。

著者の紹介

以下、Amazonの説明より。
1968年、北海道生まれ。
税理士、専門学校(大原簿記学校)講師、建設会社総務経理担当部長。
全員合格の高校、名前さえ書けば受かる夜間大学(しかも留年)を卒業し、バブル期に建設会社に入社。
経理部に配属されるが、簿記の知識ゼロで上司に叱られる毎日を過ごす。
20代では意志の弱さから毎晩飲み歩くが、30代になって、将来への不安を打ち消すために1日30分の勉強を始める。
途中、2年間の無職生活を経験するも、日商簿記3級から日商簿記2級、宅地建物取引主任者(宅建)、
建設業経理事務士1級、そして税理士と、数多くの資格試験に合格。
収入のない生活から休みのない生活へ、見事に自らの人生を逆転させる。
大原簿記学校では、「偏差値30の気持ちがわかる」人気講師として活躍。
3つの仕事を掛け持ちし、さらには勉強法についてのセミナー講師としても全国を飛び回る多忙な生活の中、
今も楽しみながら1日30分の勉強を続けている。

ほかの著作

30代で人生を逆転させる残業0(ゼロ)の時間術

30代で人生を逆転させる残業0(ゼロ)の時間術


【勉強法】の本を30冊読むマラソン過去記事

その他の過去記事は以下からどうぞ。
勉強法についての勉強メモ カテゴリーの記事一覧 - 僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】
雑誌で見つけた勉強法 カテゴリーの記事一覧 - 僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】


本ブログの購読ボタンです!↓

follow us in feedly
 Subscribe with livedoor Reader


[スポンサーリンク]